知的財産は商標登録で守ろう

商標登録というのをご存知ですか?あなたの知的財産を商標登録で守ることができるのです。 - 知的財産は商標登録で守ろう

新着情報

●2016/11/21
知的財産は商標登録で守ろうの情報を更新しました。
●2016/11/21
商標登録の特徴についての情報を更新しました。
●2016/11/21
商標登録をするとは?の情報を更新しました。
●2016/10/17
基本情報の情報を更新しました。
●2016/10/17
商標登録を理解するための商標の理解の情報を更新しました。

知的財産は商標登録で守ろう

商標登録という言葉を聞いたことはありますか?聞いたことがあるけれどそれがなんなのか知らない人も多いでしょう。身近で個人が接することはそれほどないかもしれませんが、ここでは知的財産を守るための商標登録について見ていきましょう。
jyjytd

商標制度とは

商標制度、この言葉を聞いたことがある人もいると思いますが、これは事業者が自分の会社や個人が自分が取り扱う商品、サービスについて他社や他人のものと区別してわかるように使うマークのことです。識別標識といいます。これは商標に対して、独占しているということで商標権を与えてくれる制度なのです。新しいアイディアを守る場合には特許がありますし、実用新案や意匠権なども聞いたことがあると思いますがそれとは違っています。商品、サービスそのものにつけるマーク、名前などを選んで使うことで商標に蓄積されたその使っている人の信頼、信用などを商標権と言う権利で守ることが目的です。

商標権の具体的な例

少し具体的な例を出さなければイメージをわかせることができないかもしれません。ではここで事例を出して紹介します。例えばですが、ポテトチップスが何もラベルがつけられないままに販売されていた場合には、そのポテトチップスの見た目が一緒だったら、どこの会社が出している製品なのか、何味なのかわからないままになります。このポテトチップスに商標をつければ、購入する人は、売ってあるポテトチップスが他社のものと区別することができます。ここでは自他商品識別機能が働いていることになります。また、誰が作っていて、誰が販売しているのかも消費者は知ることができます。これは出処表示機能が働いています。そして、ポテトチップの中身もわかった上で購入できるというメリットがあります。これは品質保証機能にあたります。そして、その商品のパッケージにクールな商標を使ってポテトチップスをつけて販売すれば、それは宣伝効果を生みますので、購入する人がその商品を買いたいという意欲を作ることにもつながり宣伝広告機能も働くことになるでしょう。このように、商標をつけるということは、知的財産として守るという働きだけではなく、さまざまな機能を働かせることで、その商品やサービスの売上を伸ばすことにもつながるかもしれません。

商標登録の成立

jyfkuyf
商標制度は特許庁に出願をした上で審査を受けて、商標登録されたら商標権が成立することになります。その商標は自社と他社の商品やサービスの区別をするために使用することができるのかを審査しています。いわゆる識別能力がその商標にはあるのかということです。公益などに反している商標ではないかどうかや、他社の商標で既に似ているようなものがないかということについても審査を行っていきます。商標制度は更新制度があるので、商標登録の更新をすればほぼ永久的にその権利を持つことは可能です。商標を通して自社の商品のブランドやシェアを守ることに繋がるために、それが知的財産の保護ということになるでしょう。

商標登録の詳細

商標登録の詳細では保護される対象というのは、文字や図形、記号や立体の形などの商標が保護されます。存続期間ですが、登録をしてから10年間です。10年たった時点でまた更新をするのですが、この時点で更新しなければ失効してしまいますので注意が必要です。登録した日から10年間がたった場合には再度更新をすることが可能で、その場合は10年単位での更新ということになります。
商標登録をすることで目に見えない権利を守ることができるため、商品やサービスには欠かせない権利となっています。

Copyright(C)2016 知的財産は商標登録で守ろう All Rights Reserved.